転地保養 2019

夏休みをイタリアで過ごす “ 転地保養 ” のご案内

第8回 カーサ・オルト – イタリアのみんなの家 2019

///

2019年度の転地保養プログラムの参加者募集は終了しました

応募希望者本人とその保護者は、本ページの記載事項を十分に理解した上で参加をお申し込みください(応募締め切り2019/3/31)

参加申込書(応募要項)はこちらをクリック ⇨ ページへ

 

本年度の転地保養は、リグーリア州サヴォーナ県ピエトラ・リグレ市にて行います。宿泊施設は、2017年よりお世話になっている、ミラノ市所有・運営「休暇の家Casa Vacanza Comune di Milano)」となります。

参加する子どもたちは、約1ヵ月間、海岸に隣接する「休暇の家」で、ミラノ市から夏休みを過ごしにくる小学生たちと寝食をともにし、仲間たちと家族のように協力しあいながら、のびのびと過ごします。異文化での様々な体験を通し、子どもたちが視野を広げ、自立心を養い、好奇心を育む機会にしてもらいたい、そしてまた、太陽と潮風に包まれ、イタリアの子どもたちと元気いっぱいに遊びながら、心身の健康と免疫力を向上してもらいたいと考えます。

この転地保養プログラムは、4月の面接に始まり、オリエンテーション参加、イタリアでの保養、アンケート回答、帰国後9月に行われる報告会参加(活動および医療検査結果の報告)までを一つのプログラムとしています。

なお、この転地保養プログラムは、当協会の無償ボランティアメンバーによる年間を通じた募金活動を通し、当協会活動に賛同をいただいた世界各地の個人の皆さま、企業や各種団体・機関の方々からのご寄付よって実現していますまた、多くの外部ボランティアの方々の協力にも支えられています。

保養期間

2019年7月21日(日) 〜 8月19日 (月)

保養地

イタリア・リグーリア州 サヴォーナ県  ピエトラ・リグレ市
ミラノ市運営の「休暇の家(Casa Vacanza Comune di Milano)」

参加費用

無料

*ただし日本国内の交通費・移動中の食費・パスポート取得費用などの諸経費は自己負担となります

*参考国内費用(変動の可能性あり);

−12歳以下の子どものパスポート取得費用   約6,000円

−福島駅〜成田空港間の往復交通費  5,650円×2(高速バス) / 約11,500円 x2(新幹線と京成スカイライナー・成田エクスプレス乗継)

募集人数

20名

対象者

・福島県内で放射能汚染の高い地域に在住し、社会的・経済的な理由などから地域外への保養に出ることが難しい子どもたち

・2019年4月に小学校3年生〜6年生になる男女で、異文化での1ヶ月間の保養を経験したいと自ら願う子どもたち

・オルト・デイ・ソーニの活動目的、本プログラムの申し込み内容に賛同し、子どもたちの心と身体の健康を守りたいと考えているご家族の子どもたち

2019年度スケジュール

3月23日(土)     転地保養プログラム事前説明会 / 11:00-12:30

会場: 国見町 観月台文化センター1階 大研修室(福島県伊達郡国見町大字藤田字観月台15)

4月20・21日(土・日)面接

5月上旬ごろ     参加者発表

6月23日(日)予定  オリエンテーション

7月21日(日)              成田出発

8月18日(日)              イタリア出発 (成田空港到着は19日)

9月29日(日)               報告会開催

ステイ中のアクティビティ

本転地保養は「カーサ・オルト – イタリアのみんなの家」をテーマに掲げた共同生活です。私たちが考える健康的な環境下、日本人、イタリア人の仲間たちと家族のようにみんなで協力をし合い、日々の暮らしを丁寧に楽しみながら営みます。

ステイ中の活動内容は、「自然との共生」、「心身を育む食」、「異文化に触れ視野を広げる」という3つを軸に、滞在地の文化や伝統を反映させて構成しています。アクティビティを通じ、子どもたちの自立と成長、心身の免疫力の向上を促す場になるよう考えています。

<恒例のアクティビティ例>
海で遊ぼう
ほぼ毎日「休暇の家」の目の前に広がる海岸で、海水浴やゲームを楽しみます

町探検
地元の街や港を散策。漁師さんを訪れるなど、イタリアの海辺の文化や生活に触れます

日本を知ってもらおう!
「書道ラボ」、「おりがみラボ」を企画し、現地の子どもたちに日本の文化を紹介します

「課外プログラム」
農場、水族館、ウォーターパーク、洞窟などへの遠足


健康診断の導入

本年度も地元医療機関による血液検査、甲状腺エコー検査、尿検査(体内摂取セシウム137の測量/保養開始前&保養終了時の2回)を行います。検査結果は、日本語に翻訳をしてご家族へご報告します。

血液検査、甲状腺エコー検査 医療機関:

尿検査 医療機関:

滞在中のお子さまの安全とお子さまへの連絡方法

・2名の日本人引率者が出発から帰国まで同伴

・ 滞在先は当協会の日本人スタッフおよび日本語を話すイタリア人スタッフ常駐

・ 「休暇の家」には上記スタッフに加え、子どもたちの集団生活を支える専門家常駐。24時間体制で医師・看護師が常駐のほか県立サンタ・コローナ病院が隣接

・ 参加者には当協会が加入する海外旅行傷害保険を適用。万一の事故の際は保険の範囲内で対応

・ 保養中の様子は「LINE」にて日々報告するほか、当協会公式「Facebook」でも活動を紹介

・ 毎週日曜日には「LINEビデオ」にてお子さまとご家族の通話時間を設定

・お子さま宛のEメールによる伝言は随時受付

福島での報告会

9月には、転地保養参加者とそのご家族と福島にて集う「報告会」を実施します。ひと夏を共に過ごした仲間やボランティアスタッフとの再会の日とし、イタリアでの思い出やその後の子どもたちの成長などをみんなで話し、分かち合う1日とします。この会をもって転地保養「カーサ・オルト イタリアのみんなの家 2019」を終了とします。

応募方法

当協会の公式サイト上「転地保養プログラム」ページおよび「参加申込書(応募要項)」の内容を十分理解した上、申込書に必要事項を記入し下記まで送付ください。

– 送付先 宛先名 –

たらちね・こども保養相談所 (認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね内)

郵送:〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3 カネマンビル3F

FAX:    0246-38-8322

Email: tarachine@bz04.plala.or.jp

応募締め切り

2019年3月31日(応募用紙必着)

選考方法

2019年4月20、21日の面接(本人、保護者)および作文提出による審査

日本国内応募窓口・問い合わせ先

認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね

福島県いわき市小名浜花畑町11−3 カネマンビル3F www.tarachineiwaki.org

tarachine@bz04.plala.or.jp

電話: 0246-38-7173  Fax. : 0246-38-8322

受付時間 9:00〜16:00 (土・日・祝祭日を除く)